TOPへ


 

笠嶋所長の音楽療法色々

Vol.1 1~10 Vol.2 11~20

Vol.3 21~30 Vol.4 31~40

Vol.5 41~50 Vol.6 51~60

Vol.7 61~70 Vol.8 71~80

Vol.9 81~90 Vol.10 91~100

Vol.11 101~110 Vol.12 111~120

Vol.13 121~130 Vol.14 131~140

Vol.15 141~150 Vol.16 151~160

Vol.17 161~170 Vol.18 171~180

Vol.19 181~190 Vol.20 191~200

Vol.21 201~210 Vol.21 211~

トンカラリン情報

その211

新しい年になりました。

今まで、どこも痛くない私でしたが 暮れにら寒い中あるいて膝が痛くなりました。
なんだかびっくりしてしまいました。
仕事も 無く 体操も 無く 稽古ごとも なく。
一日中炬燵で ゴロゴロしていました。
こんな 生活は 初めてでした。
あれから 色々の活動が 始まり 膝も良くなり 一安心となりました。
音楽と 縁を 切った生活が いかに辛いかが よく分かりました。
膝は 筋肉痛のようで血圧先生から ジェルも 貰い 塗っている内よくなりました。
あんまり歩数を 決めて 歩くのは やめて 頑張らないことに しました。
私も来月は 82歳です。

ちょっと温かい 2023年1月20日


その212

ワイワイコンサートは 本年は 行う事にしました。
だんだんコロナ感染者は 少なくなりました。しかし
ワイワイの ご招待の 施設では 1人でも 出ると 大変な事と なり 残念ながら 参加出来ません。
という お返事が おおくなりました。

それでも
楽しみに してくださっている方々も あり 演奏者も 多くなりました。
そこで ご協力頂ける 方のおかげで DVDを作成できることに なりました。
長い間 どこにもいけなかった みなさんの お役にら立てればと 思います。
早く 皆さんと 音楽が 出来ます様に と 祈らずには いられません。

今日は、ちょっと暖かい 2023年2月20日


その213

ワイワイコンサートはおわりました。
久ぶりのコンサートでした。
2年間 ホールでの 開催はできませんでした。ので
色々な心配がありました。
まず 施設の招待が不参加となりました。
しかし やりますと 決意しました。
それで対応策として、DVD を撮影して送ることにしました。
DVD 君津アーカイブス という記録を手掛けている方にお願いしました。
結果演奏は色々あったので皆さんには喜んでいただけました。
当日売りの券も結構でました。

生の演奏は、やはり 人を慰めるものです。
冒険でしたが、やって良かったコンサートでした
施設の方々の お慰めになれば うれしいことだとおもいます。

夏のような春のお天気です。2023年3月10日


その214

四月に なり 草花が 盛んに 咲いています。

コロナも 落ち着きましたが 音楽療法の 現場では まだ 復活していません。
高齢者施設では 三年もやっていないと 対象の方々は かなり 変化が あるように思います 
先日君津市の 福祉課のケアマネから 電話が あり 
84歳の 方が 音楽療法を 受けたいと 言っていますが 
と言うことでした

個人の 高齢者の セッションは 初めてで どうぞおいでください。

とお話ししましたが 
まだありません

料金が 必要とは 思っていないかも しれないと 思っています。
施設では 個人から 頂く事は ありませんので

一応一セッション
3000円と言いました 
30分です。
私の 仕事の 値です。
またお知らせします 

2023.4.12日


その215

5月になりました。

長らくコロナで、セッションが、出来なかったのが、できるところが、でてきました。
私も先方も、結構変わっていますので、始める前に緊張感が、ありました。

昨日は、鴨川の、マザーズに、行きました。
2歳の、ダウンの、お子さんでしたが、ダウンには、珍しく
多動でした。

興味が、あちこちにありようやく歩けるのですが実に色々な楽器をしました。
スカーフの、ダンスも、たくさんやり、保育士さんにタイムを、測ってもらったほどです。
次回の発達が楽しみです、
今日は、くもりです、

2023年 5月13日


その216

音楽について

私たちは小さいころから 音楽については違和感もなく自然に
受け入れてきました。
クラシック音楽が最高のもので、学校では 音楽の知識
例えば ベートーベンはどこの国の人とか なんの曲を作曲したかとか。
など等など 覚えます。
また 上手に歌うとか 音程があっているとか の演奏技術が問題でした

ところが 先日買った本コミュニテイ音楽療法への招待。ステイーゲという人の本に
クラシックは音楽をダメにする
とかいてありました、
つまり 音楽の価値を 自分ではなく 人のつまり他人の価値で行うから という
のです。
音楽療法はその人にとっての状態 心の状態など個人の感性が問題となります。
そこに 音楽療法士がアプローチするのです。
お分かりでしょうか。
学校教育とは一線を 別にしていますよ。

梅雨の晴れ間の日 2023年6月21日


その217

この暑さで皆さま如何お過ごしですか?

音楽を、するのは
一種の、運動になります。歌うのは身体の、筋肉を使います。呼吸、喉 腹筋など
このように身体に、負担が、かかる時 
やっぱり辛いです。
野外では、無いので、熱中症には、ならないですが、ある種の、負担を、感じます、
また楽器でも、私の場合、ピアノですがやっぱり肉体運動となります。指を、使いますが、脳、腕、多分胸の、筋肉 足も、関係が、有ります。
音楽を、奏するのは
全身運動と言うのが、よくわかります、
膝を痛めて
かかと落とし
をしました。今は、痛みが、有りませんが、ピアノを、弾くのも、同じ効果が、あると、かった本に、書いて有りました。

皆さんも、どうぞお大事に。

猛暑の日に 2023年8月3日


その218

笠嶋道子音楽療法研究所の、音楽発表会やりました。

毎年行っている発表会をしました。

4歳から82歳の、皆さんが出演しました。

知的障害児、者、高齢者、精神障害のあるひと、それぞれの家族、普通の、成人、音楽療法士関係。
様々な人々の集まりです。
それぞれ、やりたい事を、します、
まとめは、セラピストです。

多分普通の音楽発表会とは、違います、

ただ、音楽を、楽しんで皆んな一緒の空閑です。
いつもの、かさりんご
のパンのおやつを、貰い
無事に、終わりました。

まだ暑い 2023年9月1日