TOPへ


 

笠嶋所長の音楽療法色々

Vol.1 1~10 Vol.2 11~20

Vol.3 21~30 Vol.4 31~40

Vol.5 41~50 Vol.6 51~60

Vol.7 61~70 Vol.8 71~80

Vol.9 81~90 Vol.10 91~100

Vol.11 101~110 Vol.12 111~120

Vol.13 121~130 Vol.14 131~140

Vol.15 141~150 Vol.16 151~160

Vol.17 161~170 Vol.18 171~180

Vol.19 181~

トンカラリン情報

その181

本日は 4月3日です。

本日は4月3日です。
テレビでは  コロナウイルス の拡大 が 放映されています。
ここ君津市では 公民館 の活動 が出来なくなって2月めに入りました。

世界的 な現象で、何十万人 という人々の罹災が報じられています。
凄い伝染力です。
私 は先月  79歳になりましたが、 こんなことは初めてです。
立派な高齢者ですが、高齢者の持病のある人は重傷化 しやすく
命にの危険もあるそうです。
色々がお休みになりました。

私 は自分の体操教室  高齢者施設  公民館活動の  「GKN」 クラブ
学童保育 の音楽活動  などがやすみになりました。
また 公民館主催の「 「自閉症を 考える」 そのままのあなたを通じて」
もながれました。
いつも行っている 民謡教室 が考慮中です。
自宅 の音楽療法教室  は生徒さんの 都合が悪くなければ 行っています。

特に音楽が生活の中で、大事な要素になっている人は、サイクルが乱れるのは
まずいと考えています。                                        夏にような お天気の日に

早く元に戻りますように。 2020年 4月3日
夏のような お天気の日に


その182

コロナが拡散して、ステイホ―ムとなりました。

各施設での音楽療法も  軒並み お休みとなりました。
今まで 仕事が多く 大変でしたのですが、時間がある
ようになりました。

そこで 本棚を調べましたら 以前買った本があり 読むことにしました。
1 「成人精神疾患の、治療に、おける音楽療法」マイケル・タウト他 2015年
2 「 脳は出会いで育つ」    小泉英明  著 2006年
3 「音楽で脳 は ここまで再生する」  奥村歩  2008年
4 「 精神の病いと音楽」 坂上正巳  2003年
5 「脳と音楽」 岩田誠  2001年

みんな 科学者の執筆 です。

音楽大学出身の私には はなはだ 難しく 毎日 2時間読むのが精一杯です。

しかしながら いくつか読んでいるうち 脳の仕組みがわかってきました。
それは 確かに音楽は脳で 行うということであります。
脳の可塑性  ということが 音楽で行われ 行動の変容がなされるということです。

脳の可能性 が疑問に思っていたことが、自分の体験に合わせて
分ってきました。

もう少ししたら 勉強したことを お知らせします。

        コロナウイルス 自粛真っ最中  2020年 4月27日