TOPへ


 

笠嶋所長の音楽療法色々

Vol.1 1~10 Vol.2 11~20

Vol.3 21~30 Vol.4 31~40

Vol.5 41~50 Vol.6 51~60

Vol.7 61~70 Vol.8 71~80

Vol.9 81~90 Vol.10 91~100

Vol.11 101~110 Vol.12 111~120

Vol.13 121~130 Vol.14 131~140

Vol.15 141~150 Vol.16 151~160

Vol.17 161~170 Vol.18 171~180

Vol.19 181~

トンカラリン情報

その181

本日は 4月3日です。

本日は4月3日です。
テレビでは  コロナウイルス の拡大 が 放映されています。
ここ君津市では 公民館 の活動 が出来なくなって2月めに入りました。

世界的 な現象で、何十万人 という人々の罹災が報じられています。
凄い伝染力です。
私 は先月  79歳になりましたが、 こんなことは初めてです。
立派な高齢者ですが、高齢者の持病のある人は重傷化 しやすく
命にの危険もあるそうです。
色々がお休みになりました。

私 は自分の体操教室  高齢者施設  公民館活動の  「GKN」 クラブ
学童保育 の音楽活動  などがやすみになりました。
また 公民館主催の「 「自閉症を 考える」 そのままのあなたを通じて」
もながれました。
いつも行っている 民謡教室 が考慮中です。
自宅 の音楽療法教室  は生徒さんの 都合が悪くなければ 行っています。

特に音楽が生活の中で、大事な要素になっている人は、サイクルが乱れるのは
まずいと考えています。                                        夏にような お天気の日に

早く元に戻りますように。 2020年 4月3日
夏のような お天気の日に


その182

コロナが拡散して、ステイホ―ムとなりました。

各施設での音楽療法も  軒並み お休みとなりました。
今まで 仕事が多く 大変でしたのですが、時間がある
ようになりました。

そこで 本棚を調べましたら 以前買った本があり 読むことにしました。
1 「成人精神疾患の、治療に、おける音楽療法」マイケル・タウト他 2015年
2 「 脳は出会いで育つ」    小泉英明  著 2006年
3 「音楽で脳 は ここまで再生する」  奥村歩  2008年
4 「 精神の病いと音楽」 坂上正巳  2003年
5 「脳と音楽」 岩田誠  2001年

みんな 科学者の執筆 です。

音楽大学出身の私には はなはだ 難しく 毎日 2時間読むのが精一杯です。

しかしながら いくつか読んでいるうち 脳の仕組みがわかってきました。
それは 確かに音楽は脳で 行うということであります。
脳の可塑性  ということが 音楽で行われ 行動の変容がなされるということです。

脳の可能性 が疑問に思っていたことが、自分の体験に合わせて
分ってきました。

もう少ししたら 勉強したことを お知らせします。

        コロナウイルス 自粛真っ最中  2020年 4月27日


その183

コロナでは

3月4月5月6月なんと4か月 の間、音楽療法の現場はお休みに
なっています。

歌を歌うのがいけない訳です。
音楽療法士は仕事がなくなりました。

こんなことが起こるのですね。
特に高齢者施設は全く入れません。

相手を見ながら進める 仕事なので、やっぱりオンラインでは難しいと
思われます。一応みんな検討はしたと思いますが、日本音楽療法学会でも
行われたという話は伝わってきません。

ただ 学会では、オンラインの講義はするようです。
それは、研修者に向かっての講義なので、大学と一緒です。

クライエントに向かっては、難しいのが現状です。
私は 今仕事なく暇なので 編集の人との打ち合わせで新しい本の執筆
をはじめました。
「音楽療法物語ー 可能性と可塑性ー」仮題です。
に取り組んでいます。          

6月なのに 暑い日 2020年6月10日


その184

音楽活動が無いと

コロナが拡散して、 色々が随分 影響されました。

私たち音楽療法士は正に、 障害児者、あるいは 高齢者に方がたと
共に、歌ったり 楽器を演奏したり 参加の皆さんと 手に手を取ったりして
過ごします。

これはコロナを 拡散する元となりそうです。
そこで、一切 活動はできないことになりました。

理解が難しい 対象者の方は、楽しい音楽が何故いけないかということより
歌が歌えないことに関心がいきます。
何かの不安を持ったであろう 彼は 私に 「先生死ぬの」 といいました。

私は  「死なないよ」  と言いましたが、 彼の気持ちを嬉しく思いました。

多分 ご家庭 の方に 「先生のところには行かれない。」 ということを
そんな風に説明したのだとかんじました。
音楽療法とはただ楽しく歌っているだけでなく、 安心、安定も与えているのです。
早く普通になりますように                

2020年7月11日 うっとおしい梅雨に。


その185

コロナ対策 万全 発表会   

 2020年 8月22日 土曜日笠嶋道子音楽療法研究所   主催の 音楽発表会をしました。  

 参加者 はいつもの半分くらいでした。  
 マイク は4本準備して、歌うごとに 消毒しました。  
 椅子 は  2メートル あけ  通りよくしました。  
 もちろんマスク は歌う時以外 はつけました。  

 みんなで歌う曲 は最後の ふるさと  のみ。  

 最初 は手話  で  「手のひらを太陽に」 ボランテアサークルの  
 フレンドミュージック の 二人  にお願いし  歌 は赤荻徹さんがバスのきいた
 声うたってくれました。 
 発表会では 初めての手話 でした。     

 歌は 私の教室 に来ている 人、またお母さんなど歌います。  
 皆さん 上手 で拍手喝采でした。  
 間には 順子ダンスワーク 研究所の 永井順子さんが すぐできる  
 座ったままの 身体ほぐし のワークがはいりました。

 重苦しい コロナ 熱中症 のなどの話、は忘れてみんな音楽はいいねえ
 と 心が癒され ました。  

 こういう  時こそ 上手に 音楽を役立てたい と感じました。      

コロナ、を考慮しながらの 発表会を終わって  2020年 8月24日