TOPへ


 

笠嶋所長の音楽療法色々

Vol.1 1〜10 Vol.2 11〜20

Vol.3 21〜30 Vol.4 31〜40

Vol.5 41〜50 Vol.6 51〜60

Vol.7 61〜70 Vol.8 71〜80

Vol.9 81〜90 Vol.10 91〜100

Vol.11 101〜110 Vol.12 111〜120

Vol.13 121〜130 Vol.14 131〜140

Vol.15 141〜150 Vol.16 151〜160

Vol.17 161〜170 Vol.18 171〜

トンカラリン情報

その171

歌について

私の友人で日本音楽療法学会認定の音楽療法士の長谷部孝子氏は高齢者専門のセラピストですが、長谷部氏がへいせい言っているのは音楽療法の目標は歌うことだと言っています。

なんだと思う人もいるかも知れないですが、様々な状態の人、に歌って頂くのは大変な技術が必要になってきます。

特に高齢者になると歌うことに抵抗がある方がいます。
そのような方に声を上げて歌う、歌って頂くのは、それなりの道順、ウォーミングアップが必要になってきます。

長谷部氏の凄いところは、皆さんこんにちは・と笑顔でご挨拶をしただけで、対象者が笑顔になってしまうのです。

知らない間に、息のトレーニングに入ってしまい、ちょうどいい具合のタイミングで相応しい歌唱に入ります。 別に長谷部氏が大きな声で歌う訳ではありません。因み音大はピアノ科出身ですが、歌は非常に上手いですが。

つまり人が歌うと言うことは心が開けて、上手い、下手に関わらず、つい声を出してしまう。 それは心理的、身体的ねまた生理的にも、いい状態が産まれることになると言う訳です。

また歯科医で音楽療法士の甲谷先生によると歌うのは唾液の分泌を促すそうです。 音楽療法にかかわる皆さんは、頑張っていい笑顔になり人に気持ちよく接することが出来るように頑張ろうではありませんか?

令和元年 5月29日 異常な暑い日に。


その172

論文の書き方です。

音楽療法を実践している 人がしなければいけないことです。

先ず 記録を取らなければ いけません。

内容を書きます。

1  施行年月日  必ず書く
2 回数
3 場所 どんな所か施設 か個人か
4 スタッフ アシスタント 職員 保護者 など
5 時間 00時から 00時まで
6 内容
    目標  大きく捉えて
   セッション内容  内容については あまり詳しく書けない場合も
   あるので、よく検討して書く
   使用楽器も必用。
7 終了後
  おおまか の感じを書く
  参加人数  大体でも可

  あとは必用とされる 内容を検討して書く。
  自分の感想も書く

  とりあえず、これだけは書く

       本格的論文に取り組む場合 違う 要素が加わる。          

毎日嫌な 梅雨です。  令和元年7月13日