TOPへ

笠嶋所長の音楽療法色々

Vol.1 1〜10 Vol.2 11〜20

Vol.3 21〜30 Vol.4 31〜40

Vol.5 41〜50 Vol.6 51〜60

Vol.7 61〜70 Vol.8 71〜80

Vol.9 81〜90 Vol.10 91〜100

Vol.11 101〜110 Vol.12 111〜120

Vol.13 121〜130 Vol.14 131〜140

Vol.15 141〜150 Vol.16 151〜


トンカラリン情報

その91

仕事について

ここのところ 東日本大震災のお話 で音楽の話が多くマスコミででています。

音楽家が 被災地をおとずれて、様々な活動があります。

先日日本芸術療法学会が 東京芸大で行われ 参加してきました。

その際 坂本龍一の講演がありました。

ご存知のように坂本さんは 芸大作曲科を卒業され、世界的に活躍されています。

商業音楽(映画音楽など)も多くてがけて、米国のグラミー賞も授与されています。

その坂本さんが被災地に訪問し 音楽がどう役に立つかを考えて、たどり着いたのは    被災学校に、「ブラスバンドの楽器をプレゼントすることであった」ということです。

 

つまり 受動的(聞かせてあげる音楽ではなく)能動的(行動に結びつく活動)ということになります。私達音楽療法家が多くおこなっている活動です。

坂本さんに音楽療法の技法は承知していらっしゃるかどうかは存知ませんが、楽器の金額もあわせて ビックな話と思いました。

このように 音楽の提供は 対象者が本当に元気になることができないと仕事にはなりません。相手を思う音楽ができて お金がいただけます。

   

ちなみに その際に こころに思った曲は 赤とんぼ だそうです。「僕も日本人です。」ということでした。

 

     平成24年 1月6日 音楽が多くの人の役に立つよう願って


その92

仕事獲得の話

音楽療法の仕事を獲得するのに 何が必要かという話ですが、どうも 仕事に結びつかない人の様子をみると、音楽技術というよりその人があまり相手を受け入れない というようなところが見えます。

私の師匠(松井紀和) は 仕事はどんなことでも 引き受けなさいと私に教えてくれました。

自分のほうからは 選ばないという 意味です。

相手(クライエント、施設など)に 初め からこちらの「条件をいう」というのは私達の対象者 の人々の 条件がについても 「0 × が」あるのではないかという印象 をもたれるのでは ないでしょうか?

様子をみる(アセスメント)は こちらもするし 対象者も 施設からもします。

つまり 音楽療法に 関係する人は どなたも「どうなのかしら?」と思っている訳で  それに 合格しないと 仕事にはなりません。

どんなことも 「受け入れられる」 という印象をもってもらえることが大切と思います。

仕事のない人は 精神誠意を よく伝えるよう努力してみて下さい。

 平成24年 2月17日 運転免許証(書き換え) 取得の日に


その93
おひさしぶり の お便りです。

当研究所では ホームページ をリニューアルしました。

ながい間 変えませんでしたので 少し変えようとおもいました。

ホームページ管理者 の八角広子を主任にし、あと新しく 4人のメンバーが所員となりました。
大西康子  石飛礼子 石井恵子 佐川順子です。全員サポーターの資格があります。高齢者施設では 音楽療法が望まれています。 研究所に依頼があればみんなで対応が出来ます。


また 笠嶋、八角 を始め 業務を内明記します。
写真も新しくしました。(撮影は 息子笠嶋勧太です。撮影もお引き受けしますので宜しく。美しく撮ってくれますよ)

問い合わせ下さる 方々にお分かり頂やすく、 役にたてるホームページにしようと考えました。
どうぞよろしくお願いします。

               平成24年 6月16日。暑さ 冷えの 極端な毎日です

    


その94

仕事について 

音楽療法で仕事につくには 色々な技術が必要ですが、その一つに営業があります。一般に音楽系統 はボランテアで やられて入るのが多いため、治療という概念がないのが普通と思われます。

其処のところを 雇用者に分かってもらう プレゼンテーションがひつようです。

以前の私が失敗したのは、定義など 述べることでした。

定義 は論ですので、勿論セラピストはキチンと承知をしなければいけないのですが。

それは雇用者にとっては、あまり関係のないことです。

では何を説明したらいいのでしょうか?

 
 [ 1 対象者が 自ら 音楽活動をする・・・実際歌ったり 踊ったり 楽器を 
     演奏したりする。ということです。

   2 楽しいことを経験して頂き 様々な困ったことを 改善できるのです。

     ということをします。できれば お試し期間 をやらせてください。]

 
       で如何ですか?

           平成24年7月5日 梅雨真っ盛りの日に。


その95  

仕事になる為に

私は 浅井病院の精神科リハで 非常勤講師として 月5日勤務しています。

そこの病棟で ある患者様が (男性30歳)が 「かもめの水兵さん」 のリクエストを良くする人ですが、あるとき 一人でマイクを持って歌って頂きました。

すると声が バス でかなり低く いい声だということが 分かりました。

ですが 退院し、 デイケアに通う話となりました。

  

 彼がデイケアでも歌いたい というのを 担当のセラピストにいうと 

 デイケアで、新たなセッションを 始める話に  つながりました。

 患者様 が 開拓してくれました。

 患者様の要望を取り入れてくれる いい病院でした。

 

          お盆が過ぎても 暑い平成24年 8月 21日に


その96

今秋宮崎で 第12回日本音楽療法学術大会がありました。

わが協会では 3つの発表をおこないました。

  1 口演 発表 みんなのまえで発表するものです。

    新沢津加菜さん

    児童の言葉の発達について、ビデオを交え 可愛い坊やがだんだん言葉を 獲    得していく事例が発表されました。

   2 ポスター 発表

    ある場所で、多くの事例 が模造紙 など に色々かいて 壁新聞のようにして    其処の前に立ち発表します。質問者は手軽に 答えることが出来ます。

     高橋智里さん

    成人知的障害者で 言葉が自由でない人の 歌唱場面になると歌にあわせて    しゃべりだす・・・歌唱にいたる発達のプロセス の研究です。

   3 泉水直子、笠嶋道子の共同研究

    演習の評価指導の 指導者 指導受けるものの 事例についての報告です。
    NPO 法人日本ミュージックセラピスト協会所属として 発表しました。

 全体の発表から見ると 3つの 所属の発表は多いほうです。

 来年は 鳥取県ですが 会員は全国にいますので、また 研究成果を発表してもらいたいと考えています。

  其の他 私の教えたかつての生徒が 多く発表 活躍していましたが、例年より音楽療法初心者の方が多いような気がしました。

 残念ながら 宮崎では 鳥料理が美味しかっただけで観光は一切ありませんでした。

                      平成24年 9月15日 まだまだ暑い日に


その97
音楽療法士の仕事

    
音楽療法士の仕事には色々種類があります。

学校関係でよくむられる 音楽会に出せるのも我々の仕事の範囲かと思います。


私の勤務している 精神病院では、盛大に地域の人々を巻き込んで文化祭が行われ
ます。

本年は デイケアの皆さんが合唱fで参加することになりました。

熟考した末 に 曲目を

    1 翼を下さい 

    2 ベートーベンの喜びの歌 中学校版ドイツ語

    3 ヘイジュウードー 英語

にきめました。 2曲はかな振りです。皆さん は選曲の狙いはお分かりでしょうか?深い深い理由があります。

   

しかし、思わない 効果がありました。

   衣装・・男性白シャツ   黒蝶ネクタイ

        女性 白 ブラウス 

   病院側で 3名しかもっていなかった Yシャツを みなの協力で集めてもらい蝶ネクタイも 買って(100均)もらいました。

 
来週 病棟の患者様 約50人も加わり 盛大に ふれあいコンサートが開かれる予定です。

 
今から楽しみです。 4人いるセラピストも 大変な仕事ですが、患者様の喜ぶ顔がご褒美です。

 

                庭の銀杏 もみじの綺麗な日 平成24年 11月17日


その98

精神病院コーラスの 続報

  
浅井病院のふれあいコンサートでは デイケアの皆さん20人が出演しました。

男性8人 女性12名です。

男性は白ワイシャツ 黒蝶ネクタイ

女性 白いブラウス   黒目のスカート ズボンという衣装でした。

ステージに上がった とたん 会場から ほー とう声があがりました。

衣装は大事だな と思いつつ 指揮者の男性 が前で礼をし、みんなも礼をしました。

 
お客様 はついに立ち見となり プログラムも追加し、

当日のプログラムは150となりました。

 

しかし 衣装は自前では揃いません。スタッフの努力で ほとんどの方の分を用意したのであります。

  

患者様は 白いワイシャツも 白いブラウスも持っていませんでした。 

これが 精神科の患者様の実態でした。

やって良かったなぁとおもいました。

                  寒い寒い12月です。平成24年12月14日


その99

仕事の話

精神科で 文化祭のコンサートがとても上手くいきました。

その後ある患者様 が ピアノを教えて欲しいということになりました。

デイケアの科長にも依頼をうけましたので、引き受けることにしました。

曲は行進曲です、運動会で良くやるきょくですが、テンポが問題です。

患者様 は 結構弾けるのですが、わたしには問題があると感じました。

それは ご本人の病的な部分が関係しているような気配がみえるのです。

   
ピアノは それ自体で 音楽が完成してしまいますので、内的な部分も露見して
しまいます。

今 模索中ですが、合唱 あるいは個人の歌唱 グループで行うセッションが通常精神科では行われます。

しかし、ピアノはそうではありません。

ソロで 弾くとなると 多くの問題が生じます。

これから研究です。

               平成25年1月4日 良く晴れた日に

 


その100
仕事に結びつける

音楽療法の技法は専門性があるものです。

音楽が出来る人ができるものでは、ありません。

音楽療法の理論を勉強し、なおかつ 音楽療法の現場の技法を駆使できる人が仕事として雇われます。

当然のことです。

ミュージックセラピスト協会では 特にセッションが役立つ技法を身につけるようにを 心がけて、資格認定しています。

先日発行された 協会機関誌 「音人広場8号」に文屋睦子さんが学会で発表さ れた報告がのっていますが、そこに 金銭の授受がないと 学会では認められなかった。と

あります。

ただ、障害児者または疾患のある方とご一緒に音楽やっただけでは不十分なのです。

文屋さんはながく 音楽療法されている方で学会の認定もとっていますが、国立工業高等高専でも教育携わっている人なので、報酬が派生しない ところでもやっていることでしょう。

  

仕事として これから やっていく協会員は 資格を持ち しっかりと説明し、そして 対象者のよりよい生活に繋がる セッションをし、仕事として 責任持った 活動をしましょう。

 

そしてその第一歩 は参加型コンサートです。

 
 君津2月9日  土曜日 君津文化ホール

 埼玉所沢ミューズ 3月2日 土曜日 午前中 です。